TOP > バリフ

バリフはレビトラと同じ効果を持つジェネリックになります。価格も安いうえに薬代を安くしたい方におすすめです。

バリフとは

バリフ

バリフはEDすなわち勃起力向上の効果が見込めるレビトラのジェネリック品です。

先発薬と比べあまりにも価格が安いのでネット等の口コミでは感想と体験談を見て偽物と勘違いされ易いですがバルデナフィルを有効成分としているちゃんとしたED薬です。

副作用や飲み方は先発品であるレビトラとは全く同じであり、多少の違いと言っても製造会社やパッケージの違い位です。30分以内で効いてきて即効性が人気の秘訣となっていて、急ぎの性行為でも安心かつしっかり勃起してくれるので中折れの心配も不要です。

製造メーカーはインドの「アジャンターファーマ社」が製造と開発をてがけており、同社はED薬の専門分野であるカマグラゴールド・ラブグラ・タダリス・アプカリスSXオーラルゼリー等でも有名です。

WHO(世界保健機)が定めてる製造模範の適性をクリアーした製造の拠点工場を世界4か国に有しておりその中の主工場はイギリスやアメリカの医薬品局やヘルスケア規制庁、ユニセフ協会等さまざまな保健機関からも承認をされてる為、製品クオリティの高さは世界でもトップの座にあります。

ED薬以外にも「呼吸科」「皮膚科」「心臓科」「マラリア用抗生剤」の製品を世界30ヵ国以上130種類以上の医薬遺品を展開していることからも安定かつ安心できる医薬品製造会社であるということが伺えます。

バリフの効果

薬がたくさん

バリフの成分「バルデナフィル」には男性生殖器の筋肉を緩めさせ血管を拡張させる物質を分解しEDを引き起こす原因となっているホスホジエステラーゼⅤという酵素自体の働きかけを阻害する力があります。

勃起をするには性的な刺激と興奮が必要でこれらを受けるとペニスの細胞内に血管を拡張させる「環状グアノシン一リン酸」という物質が必要になり血管拡張物質の増加により海綿体に血液の流れがスムーズに流れ込み陰茎が硬くなるのです。

しかしつねに勃起をしていたままでは日常生活等に支障を来すために、血管拡張の働きを一時的に無効化させる酵素が体内に存在しており、通常時は両方の物質バランスが上手く均等に保っている事で性行為が初めて成功します。

しかし勃起不全やED症の方々は血管拡張の物質量そのものが少なかったり、逆に過剰分泌してる事で正常なバランスが失われ崩れるので勃起障害やセックス最中のペニスが軟らかくなる「中折れ」の症状に繋がるのです。

そこでレビトラの有効成分「バルデナフィル」はEDの根因となる物質の働きを阻害してくれるため、血管拡張と勃起を促す事に繋げEDの治療薬として服用がされています。
バルデナフィルの成分量は主に「10mg」「20mg」がありますが、20mg錠が最も高い効果が期待できます。

バリフの飲み方

薬を飲もうとしている男

バリフは第二のED薬【レビトラ】のジェネリック薬として販売がされており、後発医薬品なのでレビトラとほぼ同じく食事の影響は受け難いとされてます。
但し、飲み方や使用前に油の多い食べ物や高カロリーの食事や過度なアルコールを摂取してしまうと効力自体に悪影響を与えてしまい、効果が薄まったり効果の実感が出来ないまま終わる可能性も十分にあるので、服用前にはカロリーを気にしつつなるべく低脂肪の食べものやアルコールの量も少量にしておくのが良いです。

そんなバリフは腹一分から二分の空腹時での服用が最も効果を得るために効果的な服用方法と言われてます。
「バルディナフィル」は水に溶け易い水溶性の性質を持っている為、即効性が注目されますが空腹に近い状態で服用をする事で体内吸収のスピードがより早く良くなり、最大限に近い効力を得ることが出来ると考えられておりさらにたった20分で効果が現れるとのレビューも多々見かけられます。

食事の影響を受け辛いので、彼女とのデート前や行為の1時間前などにタイミングを図り服用すると効果の実感とともに、行為へ移しやすいです。 どのタイミングで飲むのが一番ベストなのかは使用者自信で決めれますが、最低限の服用ルールや量その他で気を付けなければなりません。

バリフの副作用

副作用

バリフの有効成分「バルデナフィル」はバイアグラの「シルデナフィル」と比らべてみると比較的副作用の発生は抑えられていますが全く出ないと言った事はないです。

副作用の代表として多く報告されているものの中に頭痛、消化不良・目の充血・顔が火照る等がありこれらの身体に発症する症状のそれぞれは体各所の血流量が一気に増加したことで起こる自然な反応とされてます。 しかし頭痛が酷い場合など「バリフ」が原因している訳では無くて他の病気や元々の持病が原因となっている可能性も考えられるので、ロキソニン等の頭痛薬を併用するのも効果的。

バリフの服用を中止した途端症状が軽くなったや治まると言うのであれば体調や体質が副作用に密接に関係してるかもしれませんし、体に発生する副作用

個人差があり全く出ない方も実際に居ます。

バリフの購入方法

  バリフの購入方法

これまでバリフについて書いてきました。
では、バリフを購入するにはどのようにすれば良いのでしょうか?
ここではバリフの購入方法について書いていきたいと思います。

バリフを病院で購入する

まずは、バリフを病院で購入することができるのか?についてですが、バリフは海外医薬品であるため、日本国内で購入することはできません。当然ですが、病院でも処方してもらえないため病院で購入することはできない薬になります。

国内で購入することができる方法は個人輸入の通販だけとなります。

先発薬であるレビトラは国内で承認されている医薬品なので病院やクリニックといった医療機関で診察を受けて処方してもらうことができるのですが、バリフはできないということだけ覚えていてください。

ただし、バリフはレビトラのジェネリックなので心臓の弱い方や血管に関係する病気を持ってる方や不整脈・重度の低血圧・高血圧の方、肝機能障害を患ってる人が服用してしまうと、現在持病として抱える病気の悪化をさせる可能性が大いに考えられます。

そのため、もし上記内容の症状を持っているのではないかと不安な人は一度ED治療薬のジェネリックを飲みたいのだけれど問題がないか医師に相談することをおすすめします。

個人輸入で購入した医薬品はすべて自己責任となりますので、体調に不安を抱えている場合は不安を取り除いてから服用することで安心ができると思います。

バリフを通販で購入する

バリフを入手するには金銭・経済面でも手が届かないという方には PCかスマートフォンを使って海外から直接代行でお取寄せできる「個人輸入業者」を使うのが最も簡単な購入方法となってます。

ネット上には開設された沢山の個人輸入サービスサイトが存在しており、そのHPにアクセスすれば海外の色んな国々で出回っている薬や日本には輸入されてない治療薬が入手可能になります。
バリフも個人輸入代行サービスを通す事で、容易かつ安価で購入することが出来ます。

しかし、個人輸入から正規品を安全に注文するには、正規品を取り扱う信頼出来る業者から通販することがもっとも大切であり購入する際に、正規品取り扱い書類の発行をしてくれる業者だとなお安心です。
優良な業者はお届けまでの時間が1週間前後で早く届きメールや電話での対応も丁寧かつ親切、サイトは5年以上の経営実績がありレビューや口コミ数の多いサイトが重要な見極めるポイントとなるのです。

個人輸入サイトでは一般的なAmazonや楽天等の通販サイトとなんら変わらず注文が可能ですが、中には悪徳な業者も多く存在するのでまずは運営年数・サイト評価・問い合わせなどのサービス対応を良く見ましょう。 経済的にもED治療は高くて無理という方には個人輸入の利用をした方が賢明です。

バリフは製造中止

はてな

『バリフの販売や製造が停止になる』こんなネットニュースがインターネット上をざわつかせており、嘘なのか?本当なのか?と気になって仕方ないバリフ愛用者の方々は真相が気になるところですよね。

アンサーは残念な事に本当です。
正確に言うとメーカーでの製造停止や販売の中止に限りなく近い状態となっており、バリフは日本だけでなくこの世中から消えつつ運命にあると考えられてます。

そこで、今回はバリフの製造・販売停止までに至った経緯をなるべく分かり易く解説したいと思います。
2017年になってバリフを始めとする、レビトラの主成分「バルデナフィル」を配合するレビトラ・ジェネリック医薬品の販売が中止することと決定しました。

その理由としてレビトラに対してインドが新しい特殊な特許法が付け加えられたので、レビトラのジェネリック品は新たな特許法により製造をしてはいけなくなってしまったのです。

新薬を開発するにあたり長い期間しかも何百億円という多額な経費を注がれ行われる新薬開発。インドの製薬会社が特許を無視しジェネリック品を作られてしまうと特許を持ってるバイエル社に多額の損害が出てしまうので製造をしているアジャンターファーマ社に対して販売・製造の中止を巡り提訴を起こし長らく裁判をしていたんです。

2017年1月にはバイエル側の主張がインド裁判所により認められた為にバリフの有効成分「バルデナフィル」を配合する医薬品全ての製造中止が決定したのです。

因みに、今回のインド裁判所による決定で「バルデナフィル」を配合する医薬品は全て製造停止の事態になりましたが、インド国外への輸出や販売の停止に対してはバイエル社の主張が棄却されているので今まで製造された分のバリフは在庫を保持してる限り販売は可能となります。

一部の個人輸入サイトでは売り切れが続出しておりバリフの製造停止を知ったユーザーの駆け込み需要により取り扱いサイトもどんどんと減少傾向にあります。すでに国内でバリフを販売してるサイトは数少なくなってる為、大勢の人で取り合いの状態となってますのでバリフの代わりとなる商品を探すか出来る限りのまとめ買いをする事をお勧めします。