TOP > ラブグラ

ラブグラは女性用のバイアグラになります。気になる効果、副作用、正しい飲み方などについて紹介しています。

ラブグラの効果

カップル

男性には同じみのED薬「バイアグラ」それに対し女性専用向けに開発がされたバイアグラのジェネリック品「ラブグラ」はバリフ・カマグラゴールド・タダリスSXの製造も手掛けてるインドの大手製薬会社アジャンタ・ファーマから開発・販売がされている医薬品です。

「ラブグラ」には男性の勃起を促す成分:シルデナフィルが含まれていて女性器周辺の血流が良くなり、感度が増したり膣内が濡れ易くなる効果がございます。

ラブグラは媚薬と比較されがちですが、媚薬というものは「性欲をアップ」させる効果があり特徴だけ見ると違いが分かりにくいですが、ラブグラは飲むと性的刺激がなくても興奮作用があるので感度が自然と増します。 その為、自然な性行為を行えるようになりお互いに気持ち的な満足が得られるので性生活が楽しく行えるようになるのです。

ラブグラの副作用

顔を抱える女性

女性用のバイアグラとして話題を集めてる『ラブグラ』、セックスライフの改善を図るために、夫婦間や風俗カップル通しで行為を行うまで雰囲気を出すなどいろんな用途で使われる薬です。

『ラブグラ』をこれから購入し使ってみようかな?と思ってる方には、使用前にお薬の特徴を把握しておき副作用の可能性も知っておくべきです。 『バイアグラ』では副作用として頭痛・火照り・肝機能障害などが多いと言われておりますが、女性用のバイアグラ『ラブグラ』の場合は火照りや頭痛等の副作用は報告されていそうですが、いずれも軽い症状が多いようです。

副作用は成分のシルデナフィルが血管の拡張作用に伴い、顔が少し火照ったり軽い頭痛、鼻詰まりなどの症状が発生する事がありますが、心配はそこまで要りません。用法と用量さえ守って仕様をすれば、どんな副作用も効力が薄れるにつれて、自然とおさまりのです。

頭痛やほてりと書きましたが、重い症状だったりそういう事ではなく軽いので気にはならない程であり服用してから30分たった位から副作用が起きる事が多いです。

副作用に関しては薬である以上何かしらの形で発生するものであり過度の心配は必要無いです。

ラブグラの飲み方

水を飲む女性

ラブグラの服用量は基本的に1日に1錠を行為を行う前の約1時間前を目安歳に飲みますが、最大限に効力を得る方法があります。それは、お腹が空腹に近い時にぬるま湯や水で使用をする方法でこの場合食後の2時間を空けてから飲むようにして油が多い食事やアルコールを飲まない方が最大限に効果が体内に吸収されやすいのです。

ちなみに服用する量について、一般的な女性であれば100mgもあるので半錠の50mgとして服用をしても十分に効果があると言われていて不感症に悩んでる女性の場合は50mgから服用をしてみてそれでも効果がわからないときには100mgを飲むと良いでしょう。

ラブグラは男性にも効果ある?

ベッドのカップル

女性用のバイアグラとして開発がされた『ラブグラ』ではありますがその主成分は男性用の「バイアグラ」と変わりがないので例え男性が使用をしてとしても問題ないと言われてます。

含有量は「100mg」ではありますが元々女性のためのバイアグラとして製造されておりますので、男性用バイアグラと比べ効果は若干薄くなっておりEDの改善効果は残ってるものの勃起力が弱くなっているそうです。その為成分が一緒でありますが「バイアグラ」のような強力な効力は望めないことと、体質が合わないと副作用も強く出てしまう危険性が考えられるので『ラブグラ』で代用をするよりかは、他のED治療薬を使った方が賢いと言えます。