TOP > サビトラマックス

サビトラマックスの効果は1錠服用する事でED、早漏の両方の症状を改善できます。通販を利用する事で安値で購入できます。

サビトラマックスとは

サビトラマックス

サビトラマックスには、サビトラと同じく含有成分としてレビトラの『バルディナフィル』と早漏治療のお薬として有名なプリリジーの主成分『ダポキセチン』が入っており『バルディナフィル』によりPDE-5酵素の働きを抑制し陰茎周辺の神経に作用をし血管を拡張させるので血流量が増え勃起維持に貢献しこれにより勃起不全の治療効果が、そして『ダポキセチン』により脳内にセロトニンが与える興奮効果を抑え射精までの時間を延長してくれるので早漏防止の改善効果があるED-PE治療薬です。

男性の性に対する悩みとして最も多く挙げられるのがこのEDと早漏なのですが、実はEDに悩む男性の多くに早漏が併発してる確率おおよそ25パーセントと言われているのです。しかしこのサビトラマックスはその両方をたった一錠で一発解決してくれる万能薬であり、性行為も楽しめ男性側は行為を行う自信がつく事が可能なのです。似たような薬でEDと早漏を同時改善が出来る「スーパージェビトラ」も人気が高かったのですがスーパージェビトラについては現在製造が停止しておりますので、購入が出来なくなりサビトラマックスへ代替え薬として移る愛用者も多くいます。

サビトラマックスの効果

サビトラマックス

レビトラのED改善効果がある「バルデナフィル」と早漏改善として有名な「ダポキセチン」の両方が含されているお薬です。 1錠の中に2つの有効成分が配合されておりますのでわざわざ別々でEDと早漏防止の薬を使用する必要性がなく、 たった1錠で両方の改善が出来るので今話題を呼んでる画期的な先進薬なのです。

また、1錠で済むということで副作用など直接的な身体への負担も限りなく抑えられ、価格もその分安価に購入が出来ます。 持続の時間は9時間とされてるので、例えば夕方に飲んだとしても翌日の朝までは効果が続いてるのでそのまま行為へ持ち込めると言った事も可能となります。その為サビトラマックスは、男性の総合医薬品とも言われております。

バルデナフィル

レビトラの成分バルデナフィルは即効性が有名で、早くて30分前後で効果が現れるので、旅行先や外出先で行為を持ち込むにも事前に服用さえ しておけば十分に効果が発揮できる丁度いい作用時間と言えるのです。 バルデナフィルの成分性質は水に溶けるのが早い「水溶性」ですので、身体に取りこまれてから吸収をするまでのスピードが速くバイアグラよりも 服用タイミングが掴みやすいです。 作用時間は10mgで5時間、20mgで10時間を目安に服用するので成分の内容量を見てその時の状況に応じて合ったチョイスが可能となります。

ダポキセチン

ダポキセチンはアメリカで軽い症状から思い症状の早漏患者の3000人を対象に行った試験で、射精にいたるまでの時間を3-4倍までに飛躍的に延ばした事で大変有名になり、今となっては早漏の改善効果があるとして早漏薬の主成分として多く用いられるようになりました。

ダポキセチンの働きとしては体内のセロトニンの濃度を高めることにより、射精をする交感神経を抑制してくれ、陰茎の血管を拡張してくれるので血流が良くなり中折れや勃起不全症の改善また行為を行うに必要とされる充分な勃起が出来るので性生活も満足に行えるのです。

サビトラマックスの効果を高める方法

悩める男性

サビトラの効力というのは勃起する力を最大まで高めてくれ勃起力の向上と勃起を維持させる持続力、そして勃起をするまでの時間を短くさせる即効性の3つがあります。それは成分として含まれている『バルデナフィル』の血流促進が陰茎への血の流れを多くし、集中させる事で太くそしてより硬く勃起をする事が出来る働きを持っているからなのです。

中にはサビトラを飲めば勃起をしてくれると言った事を、思う方も多く居るかもしれませんがサビトラは勃起薬ではなく勃起に至るまでの補助役として考えてください。含有量は『10mg』『20mg』と2つ存在しますが成分の量に全く関係なく、飲用後30分で効果が現れると言われておりますがこれは食後の時に飲んだ場合であるので成分の効果を最大発揮するのに効果的な飲み方として空腹時に近い状態で飲めば15分前後で勃起をする事が出来るのです。

基本的な飲み方としては1日に1錠で水かぬるま湯を推奨されており、副作用の重症化に繋がらないよう次回の服用時までに効力が完全井切れてから1日すなわち24時間以上を空けてから服用をしましょう。また、アルコールが効力の上昇に働きかけると言われており適度な量であれば心身のリラックス効果が得られるので、より高い勃起力が高める事できると考えられてますがこの場合にはくれぐれも泥酔するまで飲むことは逆効果となるので避けましょう。

サビトラマックスの飲み方

キーボードと薬

サビトラマックスは行為を行う前に1時間前を目安として1日に1回1錠を水かぬるま湯で服用をしてください。しかし服用をする際に水だとお薬独特の味が苦手という時には食事の影響が受け難いとされてるので水以外にも、他の飲料で服用をしても問題はないとされておりますが酒やアルコール類との飲用は少しばかり注意が必要となります。

それは御酒に弱い体質の方がアルコール類と医薬品を一緒に飲んでしまうとサビトラマックスに含有されるバルデナフィルによる血管拡張の作用で体内に一気にアルコールがまわってしまい倒れる危険性もあるからです。また、逆に酒に強い方でもアルコールの飲む量を間違えて飲み過ぎをすると今度は成分の体内吸収の働きを阻害してしまい効力が弱まってしまったり、効果が全く感じられなくなると言った事態になりますので飲み方に工夫をするとよいでしょう。

正しい服用方法の知識をつけておけば、副作用が重く現れたり効果が現れなかったという事にはなりませんし健康被害に直接結ぶことがないよう最悪の事態を避ける意味でも使用前に説明書をよく読むことも賢明な判断の1つと言えます。

サビトラマックスとサビトラの違い

比較している人

サビトラマックスに似た名前の商品で『サビトラ』というお薬がございます、名前が似ているので一緒のお薬と勘違いしやすいのですが中身は全くの別物となっておりサビトラには含有にバルデナフィルのみが含まれておりサビトラマックスにはバルデナフィルに追加で早漏防止成分であるダポキセチンが配合されております。ですので、もしEDでもあるけど早漏気味であるので早漏と勃起不全を同時に直したいといった方には『サビトラマックス』を、EDにお悩みの方には勃起不全の改善が期待される『サビトラ』を服用すればよいと思います。

なお、どちらの商品も水に溶け易いバルデナフィルが含まれるので他のED薬と比較して地中濃度の最高数値に到達する時間が40分ほどとかなり早い数値なので即効性は抜群とされてます。また、即効性が高いと成分の作用まで個人差はあるものの平均して30分前後で効力が得られる為服用をし行為に行くまでの服用タイミングがつかみ易い点も大人気のポイントとなります。

医薬品というのは同じ成分であっても特徴が個々それぞれ微妙に違うのでいろいろと試し飲みし飲み比べてみても良いでしょう。