TOP > ブリトラの効果

ブリトラはレビトラと同じ効果を持つジェネリックになり、通販でしか購入できませんが安く入手できる為、人気の治療薬になります。

ブリトラの効果とは

ビールで乾杯

アルコールで効果倍増

レビトラジェネリックであるブリトラは、先発のお薬レビトラと同様に"バルデナフィル"を主成分として配合されているので、効果はレビトラと変わりが無いです。
早い方だと15分、遅くても30分前後程で効果が現れますので、EDに悩みSEXに対して自信が無くなったという男性でも、ブリトラをたった1錠飲むだけで勃起効果が得られるので、SEXに憶する事無く楽しむことが出来ますよ。

このお薬の良い点は、水に溶けやすい性質上即効性が高く体内へ成分を吸収してしまえばカロリーを気にせず食事が出来る上に影響もほぼ受けることがありません。
効果が現れるまでの時間が短く、服用後効果が得られてから約5-6時間の持続効果が期待できるので性行為に行くまでタイミングを合わせやすいのです。 ブリトラの高い人気は即効性が秘密となっており、「バイアグラ」であれば飲んだ後1時間すれば効果が現れかなり時間が掛かってしまうので、行為に持ち込むまでの時間を使用者自信が逆算してから服用をする流れだったのです。
1時間も掛かるのであれば急な展開の時にはすぐに対応が出来ませんが、その点ブリトラは効果の即効性があるのでその大事な瞬間を逃す事なく行為を始める前に飲んだとしても途中から効果が現れるのでセックスの手助けをしてくれます。
食後での服用も可能ですが、即効性を求める場合空腹時の服用がもっとも期待できるでしょう。

また、レビトラとアルコールの関係についてですがED治療薬だと基本的にアルコールと同時服用をしたり、服用する前はアルコールを避けた方が効力が十分に発揮されると言った良いイメージがあります。
この事に関して、アルコールの摂取量により効果が変わってきます。
結論から言うと適度なアルコール摂取は薬の効果にさほど影響を与えず、寧ろアルコールを体内に吸収すればリラックスの効果が得られるので落ち着いたムードで行為が出来ます。
お酒を飲む方は多いと思いますが、適切な量を飲み1-2杯の少量であれば適切な勃起を促してくれるので問題はないかと思われます。
しかし、飲みすぎにより急性アルコール中毒等に陥るケースも多々御座いますのでいくらアルコールが好きであっても過剰な摂取は避けることが一番です。

ブリトラの飲み方

年配の医者のイラスト

ブリトラは、使うタイミングや使用するシチュエーションに応じて柔軟に対応ができる大変役立つED治療薬です。
必要な時に効果を発揮するまでの時間を逆算し飲めれば、100パーセントの効力は期待ができるのです。
しかし最大限の力を得る場合には、ちゃんと薬の特徴を捉えポイントを的確に把握しておく必要が一番大事なコトとなり、これに加えて食事の影響を受け難い薬ではありますがやはり考慮をするに越した事はないです。
良く耳にするのが『ブリトラを飲んだけど、ちゃんと効果が出なかった』と言った声ですが、その時正しい服用方法で飲んだか?
脂分の多い食事前後に飲まなかったのか?適量で服用したか?など一度再確認した上で服薬した方が良いでしょう。

ED治療薬の成分はどれも胃中で溶けてから体中に吸収され効果が発揮されますので、胃の中がほぼ空っぽに近い状態の空腹時であれば、その分早く成分が浸透され効果が十分に発揮されやすい環境を作ることが可能となります。
逆に言えば、胃の中に食物がパンパンに入っていると成分吸収は遅れ気味になり効果の発揮が出来ない事態に繋がる事さえ考えられるのです。
持続性や即効性を気持ちよく得られる為にもお酒と食事量はほどほどにといったポイントを頭に入れておきましょう。

ブリトラの副作用

薬を飲む女性

EDに対し強力な効力があるブリトラではありますが、効果の高さに反してその分副作用の危険性もあります。
ただ副作用といえども重度な副作用は発生確率が非常に稀であり、それほど気に掛けるものではありませんが使用者はお薬の特徴や副作用を事前に確認しておき理解しておいた方が良いです。
副作用は使用者の体調・体質・飲み方によって変わりますが「バルデナフィル」の血管を拡げる作用により発生すると考えられてます。
副作用は主に下記に書いてるものが多く、これらの軽度な副作用については使用をした人のおおよそ9割に現れると言います。
『軽度の場合』・目の充血・低血圧・頭痛・鼻づまり・消化不良・視界の眩しさ『重度の場合』・頻脈・難聴・色覚異常・アナフィラキシーショックごく稀に『青視症』が発生し症状として、視界が青がかった景色に見えるという症状もあり光に対し過敏になる場合もありますがどちらも一過性症状なので時間さえ経てば段々と症状が落ち着き自然と治りますが、これらの副作用が出た際には念のため自動車やバイク等の運転や危険物の取扱いは控えた方が賢明です。

ブリトラの購入方法

レビトラのジェネリック

ブリトラは日本では2017年時点の現在、主成分である「バルデナフィル」の特許期間が残っているために日本国内のどこの病院でも取り扱う事ができないので医師からの処方はされてもらえず、インターネット通販からの購入でのみ入手が可能となります。
一言に「ネット通販」と言っても大手通販サイト『ヤフーショッピング』や『Amazon』等のごく一般的にある通販サイトでは取り扱い不可の商品となりますので残念な事に購入ができません、そこで薬専門の代行業者を利用しそこのサイトから注文をするのです。

注文者の代わりに発注業務を行う「代行」なので、現地まで問い合わせたり書類手続きをするといった面倒な手間は一切行いません。
代行業者からの購入と書きましたが耳慣れない代行という言葉、少し不安を抱くかと思いますが、実は注文の流れは一般の通販と何ら変わらず購入希望の商品をカートに入れて注文ボタンを押す。たったこれだけです。
ただ、少々違う点としてはすべての取り扱い商品が海外倉庫からの発送となり手元に届くまで1週間から2週間前後の日数がかかってしまうことです。
中には平気で偽物のお薬を販売する悪質な業者がいるので、信頼できるサイトを探すのも良いでしょう。
なお、通販のいい点は何といっても24時間年中無休で稼働してるので「病院に行く手間と時間が省ける」「個々の空いた隙間時間で注文が可能」「ED・AGA・ニキビ系の薬を纏めて購入が出来る」等良いこと尽くしなのです。
そして、日本ではまだ未承認・未導入の最新薬であっても海外に流れているお薬であれば購入をする事ができますので最新の薬を色々と試したいといった方々にもオススメです。

ブリトラを飲むタイミング

疑問符の出ている男性

レビトラの効果を最大に得る為に一番重要と言われているのが服用タイミングを理解する事が大切だとされています。
いくら食事・御酒類のアルコールによる影響は受けないと記載されていますが、全く無いというわけではなくカロリーの多量摂取をしてしまうと効果の発揮は望めません。
お酒が好きな方のほとんどは御酒を飲む場合に当然ながらおつまみとして何かしらありその多くは唐揚げやポテトフライの揚げ物だったり焼き鳥、ラーメンといった高カロリーかつ高脂質なものだらけです。
これらの食べ物類はどれも脂質が多く含まれてるため脂質がお薬の成分吸収を邪魔してしまい効果を薄く弱くしてしまう事があり服用の3時間前を目安に脂質やアルコール類は、なるべく避けるよう注意しましょう。
また、ブリトラには併用の禁止薬などの注意が必要なものがございますので、パッケージ記載の注意点を確認しておくのが良いです。
最も特徴的な即効性が30分から1時間前に水又はぬるま湯で飲む事が最も最適な服用法と言われており、レビトラは使い勝手が非常に高い薬と言えることでしょう。